phpListを無料のステップメール配信ソフト化する

これまでの設定では即時発行のメールマガジンとして使ってきました。これはこれで便利なのですが、最近はステップメールの需要も高くなってきています。そこで今回はphpListをステップメール化することにします。

ステップメールとは

そもそもステップメールとはどんなものなのでしょうか。

購入してくれたお客さんにお礼のメールを出したり、お買い得商品のご案内を送ったり、関連商品をお勧めしたり、そういう場面は多いですよね。

まず1日目にお礼のメール、2日目に使い方のご案内、3日目に関連商品のお勧め、・・・と順番にメールを送ります。これが1人2人なら手作業でも苦にはなりませんが、数百人ともなると大変な作業です。

そこで、これらの一連の流れを自動化したくなりませんか?それがステップメールです。ステップメールでは決められた順番に、決められたメールの内容を自動的に配信スケジュールに沿ってメールマガジンを送信してくれるのです。

phpListではどのようにステップメールを実現しているのか

ステップメールというのは日本語独自の呼び方です。英語では Auto Responder と言います。Step Mail とかでは検索に引っかかりません。

phpListではステップメール機能はすでにプラグインとして用意されています。ですので、プラグインをインストールすればすぐにでもステップメールが利用可能になっています。

ステップメールのインストール

まず、管理画面からメニューの「Config」→「plugins」を選択します。

ステップメールプラグイン Auto Responder の詳しい説明については、公式のページを参照下さい(英語ですが)。

プラグインのインストール画面になりました。ここで、「Plugin package URL」の欄に、

https://github.com/bramley/phplist-plugin-autoresponder/archive/master.zip

と入力します。次に「Install plugin」ボタンをクリックします。URLが正しく入力されれば次の画面が表示されます。

「続ける」ボタンをクリックします。

インストールされました。しかしオレンジのアイコンが付いています。これはAuto Responderがまだ有効になっていないことを示しています。というのも、Auto Responder plugin では the Common Plugin v3 を利用するので、これが入っていないためです。これもインストールしましょう。

Common Plugin v3 のインストール

Auto Responder のインストールが完了した画面から、「Plugin package URL」に次のURLを入力します。

https://github.com/bramley/phplist-plugin-common/archive/master.zip

Auto Respoder をインストールした場合と同じように、入力し終えたら「Install plugin」ボタンをクリックします。

この画面になったら「続ける」ボタンをクリックします。

Common Plugin v3 もオレンジのアイコンが表示されて有効になっていません。「Enable」をクリックして有効化します。

無事に Common Plugin v3 がインストールされました。

Auto Responder を有効化する

Common Plugin v3 が有効化されたのを受けて、Auto Responder が有効化できるようになっています。

Auto Responderへ戻って「Enable」ボタンをクリックして下さい。

オレンジのアイコンが緑になればインストール完了です。

以上でphpListのステップメール化が完了しました。