Chromebookの使い心地がよかった件

今までずっと何台ものWindwosマシンを使ってきましたが、今回Chromebookを使ってみて、その使い心地についてスマホも交えて比較してみたいと思います。

まずChromebookはその名の示すとおり、ブラウザのChromeに依存するところが大きいです。と言うと、なんだかインターネットで調べものをするだけで何もできないような印象を受けてしまいますが、実際のところはほとんど何でもと言って良いくらいできてしまいます。

ブラウザとしての機能は当然あります。なにせGoogle製のChromeです。PC版Chromeとの同期もできて、ブックマークなどもまるで最初からそこにあったかのように同期してくれます。

で、ブラウザの他に何ができるのかというと、メールもできるしオフィスも使えるし、ゲームもできる。でもそれってChromeの機能でできちゃうんですよね。他にできないことと言えば、Windows用の専用アプリが動かせないくらいですか。私の場合MMOのとあるロールプレイングゲームができないのが不満なだけですね。

軽いのでさっと持っていけるし、バッテリーが長持ちなのでスリープにしておけば中断した作業もすぐに再開できます。スマホと比べてもらったらいいかも知れません。まあ大きなスマホと言っても過言ではないでしょう。

実際、Google Playからアプリをダウンロードできたりするので、アプリに関してはそんなに不自由に感じたことはありません。当然LINEもできちゃいます。

普段使っているスマホと違うのは、外に持って出たときにChromebookだけではネットに繋がっていないという点ですね。これは公衆WiFiを使ったり、モバイルルーターを使ったり、スマホのテザリング機能を使ったりすることで解決します。

一例を挙げると、ファミレスのジョイフルでは無料WiFiを提供しています。セキュリティ的にはあまり安全な利用方法とは言えませんが、これを利用すると食事を楽しみながらネットを使うこともできます。

私が持っているWindowsノートPCは、重量が約4kgあります。それに対して私のChromebookは11.5インチという画面が小さいこともあるのですが、重量が約1.2kgです。軽いです。片手で持てます。これなら持ち運びも苦になりません。

USBポートも各種デバイスに対応しています。USB3.0ですので転送速度も結構早いです。USBメモリやマウス・キーボードなどは当然接続できるとしても、USB接続の外付けDVDドライブを取り付けたらあっさり読み込めました。

Bluetoothも内蔵していますが、これも特に難しいことはなく、普通に使えました。私が使ったのは、マウスとキーボード、それとマイク内蔵のヘッドホンです。ディスカウントストアで980円で買った怪しいヘッドホンですが、十分機能します。Skypeで通話してみましたが問題はありませんでした。問題がないというか、普通に使えます。

ストレージが16GBと少々少なめなのですが、これはGoogle Driveを使うことで解決します。Chromebookを購入したら付いてくる特典として、Google Driveの容量が2TBになる(2年間)サービスがあります。持ち歩くデータの容量としては十分ではないでしょうか。

ちなみに、動画の再生はChromeブラウザでもできるのですが、他にもVLCメディアプレイヤーがGoogle Playにあります。これを使うとローカルのストレージの動画が再生できます。USBメモリに動画を入れて再生してみました。思いの外しっかり再生できたのでよかったと思います。

まだ日本では市民権を得てない印象のあるChromebookですが、Google Playのアプリが使えるようになったことで、用途にかなり幅が出てきたと思います。それだけでなく、現時点ではベータ版ですが、Linuxも使えるようになっていますので、ますます用途が広がると思います。

今まではCroutonを使って裏技的にLinuxを動かす試みはなされてきたのですが、この度正式にLinuxに対応されました(まだベータですが)。開発環境なんかもChromebookで作れるようになるんですね。プログラミングに興味のある人にはたまらないと思います。